「太陽光発電」と聞いて、あなたは何をイメージしますか?
ほんの数十年前は、時代の最先端技術、というイメージがありましたが、近年では住宅設備の一部として捉える人が多くなったと思います。特にわが国、日本の太陽光発電の技術は、海外からもその評価は高く、住宅設備としてだけではなく、車の天井パネルに取り付けられたり、中には携帯電話にも搭載されていたりなど、急速に私たちの生活の中に浸透しつつある技術となってきています。

そしてやはり、住宅用の太陽光発電パネル設置の人気は、年々高まってきています。オール電化と相性が非常に良く経済的に利用できることや、災害で停電になったような時でも、太陽光発電で作った電気が使えること、他にも、住宅の屋根にパネルを設置することで、そのパネルの断熱効果により、快適な住居環境が保て、暖房・冷房の節約が出来ることなど、非常に多くのメリットがあるといわれているので、『我が家にも太陽光発電を設置したい!!』そう考えている人はきっと多いのではないでしょうか。

しかし、心配なのは先立つもの・・・。太陽光発電の設備にかかるお金は、決して安くはありません。国が導入を進めているので、補助金を出してくれるということらしいですが、そうは言っても、設置するには数百万円はかかってしまうと言われています。
しかも、電力会社に電気を買い取ってもらえるというメリットも聞くけれど、果たしてそんなに上手くことが運ぶんだろうか、日照時間が少ない自宅の環境で、ちゃんと発電は可能なんだろうか・・・。いろいろな不安があるのではないでしょうか。まずは、太陽光発電について、しっかりと知識を積むことが重要なポイントといえますね。